フォトコンテスト特選は守田理恵さん(多賀城市)

藤沢野焼祭実行委員会は10月2日、市役所藤沢支所で「縄文の炎・藤沢野焼祭2018フォトコンテスト審査会」を行い、写真の部特選に宮城県多賀城市の守田理恵さんの作品「古代に挑む現代縄文人」を選考しました。今年11回目のコンテストは、「縄文」をテーマに作品を募集。写真の部に71点、スマートフォンの部に7点の応募がありました。審査員は、皆川栄光さん(皆川写真館代表)、熊谷輝夫さん(トーバン印刷常務取締役工場長)、佐藤和幸さん(一関市広聴広報課長補佐)の3人。第1次審査、第2次審査、第3次審査の3段階で審査をしました。特選に輝いた「古代に挑む現代縄文人」は、祭りの「火入れの儀」のワンシーン。縄文人に扮した藤沢中男子生徒がマイギリ式と呼ばれる火おこしに挑む姿を写しました。日没前の夕日を背景に縦位置で撮影された一枚は「テーマに沿った撮影意図で、構図や表情が良い。技術的にもきちんと撮影されており、大変雰囲気のある作品」と高く評価されました。入選作品は、11月3、4の両日開かれる「第8回一関市藤沢町文化祭」に展示するほか、2019年10月まで藤沢文化センターロビーに展示します。

写真の部で特選に輝いた守田理恵さんの作品「古代に挑む現代縄文人」

審査結果

フォトコンテスト審査会は10/2

「縄文の炎・藤沢野焼祭2018フォトコンテスト審査会」は10月2日(火)です。審査員は、皆川栄光氏(皆川写真館代表)、熊谷輝夫氏(トーバン印刷株式会社常務取締役工場長)、佐藤和幸氏(一関市広聴広報課課長補佐)の3氏です。作品の応募は9月21日(金)まで。2018年のテーマは「縄文」で、祭り当日の写真だけでなく、祭り前後の写真も対象です。エキサイティングな祭りのシーンはもとより、縄文一色に染まる藤沢の街並みや〝縄文の里藤沢〟を象徴するヒト、モノ、コトなど幅広い視点から個性あふれる作品を募集します。

1 審査会の日時

平成30年10月2日(火)午後2時

2 場所

一関市役所藤沢支所 2階第2会議室

3 審査員

皆川栄光氏(皆川写真館代表)

熊谷輝夫氏(トーバン印刷株式会社常務取締役工場長)

佐藤和幸氏(一関市広聴広報課課長補佐)

4 作品の募集期限

平成30年9月21日(金)(必着)

*応募要項はこちら

43回目の夏、千松自治会が4度目の大賞

縄文時代そのままの手法で土器を作り、焼く。素朴な土の香りと激しい炎に、参加者は心を躍らせ、胸を弾ませる。「縄文の炎・藤沢野焼祭2018」は8月11、12の両日、藤沢運動広場「特設縄文村」で開かれ、審査の結果、761点の頂点には千松自治会の作品「ハンパね~千松犬」が選ばれました。古里藤沢で43年にもわたって愛され、育まれた「藤沢野焼祭」をリポートします。

8月11日

前日までの雨が嘘だったかのように夏空が広がり、会場の藤沢運動広場「特設縄文村」は、容赦なく照り付ける日差しと祭りに参加した人々の熱気で日中からヒートアップ。43回目の藤沢野焼祭は、猛暑の中での開催となりました。

日が沈むころ、縄文人に扮した中学生によっておこされた火は、勝部修大会長と千葉均実行委員長の手で会場中央に設置された祭りのシンボル「縄文の炎」に点火され、勢いよく燃え上がる火柱に拍手と歓声が沸き起こりました。

縄文人に扮した藤沢中生徒が縄文時代の手法で火をおこした
勝部修大会長と千葉均実行委員長が「縄文の炎」へ点火

 

作品が入れられた縦8㍍、横4㍍の窯11基には、金子賢治審査委員長らが縄文の炎から分火し、大小761点の作品が夜を徹して豪快に焼き上げられました。

縦8㍍、横4㍍の窯11基で761点の作品を焼き上げた

開会行事の後、長年にわたって審査委員を務めるなど藤沢野焼祭を献身的に指導、支援し、今年3月にお亡くなりになったリチャードスタウビッツさんに感謝状が贈られ、本間妙子さんが代理受領しました。

祭りの発展に尽力したリチャードスタウビッツさんに感謝状が贈られた(本間妙子さんが代理受領)

イベントステージでは、「二日町祭神太鼓」「サンイチ三味線」「藤沢スペシャルマーチングバンド」「ダンスパフォーマンスinふじさわ」「藤沢音頭」「KJQ」(気楽にJAZZカルテット)が息の合った演奏や演技を披露したほか、初のスタンプラリー抽選会が行われ、夜遅くまで盛り上がりました。

勇壮な和太鼓を響かせた二日町祭神太鼓
世界大会3位の演奏で会場を沸かせたサンイチ三味線
子供から大人までが一つになって見事な演奏を披露した藤沢スペシャルマーチングバンド
SHUHOさんの指導で軽快なダンスパフォーマンスを繰り広げた藤沢中生徒と一般参加の皆さん
世界的ダンサーSHUHOさんは一関市出身。圧巻のダンスで会場を魅了
フリー参加の藤沢音頭。今年も大勢の人が踊りの輪をつくった
前回は雨のため野外での演奏ができなかったKJQ。レベルの高い演奏でイベントのトリを飾った
初の試みとして「食べていがin買っていがinふじさわスタンプラリー事業」の第1回抽選会を野焼祭で実施

 

8月12日

午前7時を過ぎたころから窯出しが始まりました。真っ白い灰の山から次々と作品が取り出され、一晩かけて命が吹き込まれた作品との再会に、あちらこちらの窯から歓声が上がります。今年は、会場部の工夫や野焼部の指導のかいがあって、焼き上がりは上々です。

作品審査は、午前9時から行われ、金子賢治審査委員長をはじめとする8人の審査委員が厳正に審査しました。第1審査で96点を選び、第2審査で25点に絞り、第3審査で各賞を決定しました。その結果、最高賞の塩野半十郎大賞には、千松自治会の作品「ハンパね~千松犬」が選ばれました。千松自治会は、最多となる4度目の大賞受賞です。

早朝の窯出し。真っ白い灰の中から作品を取り出していく
焼き上がりは上々。今年の作品は力作ぞろいで審査委員を悩ませた
最多となる4度目の大賞を受賞した千松自治会の皆さんと「ハンパね~千松犬」

藤沢野焼祭2018審査結果

「初めて」の人も大歓迎。フォトコンテスト作品募集

「縄文の炎・藤沢野焼祭2018フォトコンテスト」を開催します。祭りは43回目でも、この夏は一度きり。だから撮っておきたい瞬間があります。伝え、残したい感動があります。撮影期間は、応募締切日の9月21日㈮まで。今回から祭りの前後も応募の対象です。壮大で幻想的な祭シーンはもとより、〝縄文の里藤沢〟を象徴する人や風景など、あなたの感性でファインダーの先にある〝縄文の夏〟にフォーカスしてください。「応募は初めて」の方も大歓迎。カメラでも、スマホでも応募できます。詳細は応募要項をご覧ください。

7、8月は縄文月間。スタンプラリーも。

藤沢野焼祭実行員会は7、8月を「縄文月間」とし、プレイベントを行います。第1弾は「縄文スタンプラリー」。〝野焼祭〟や〝縄文〟にちなんだメニューや商品を食べたり、買ったりしてスタンプラリーに参加しましょう。スタンプ3個で応募できます。抽選会は8月11日(土)、藤沢野焼祭会場で。当選者には、藤沢の特産品などを贈ります。

①期間は7月1日から8月12日まで

②参加店は、「やまきち」「青葉屋」「手打ち蕎麦うどん俚楽」「りかちゃん工房の昔とうふ」「食堂オアシス(岩手サファリパーク)」「館ヶ森高原ホテル」「農家民宿歓樂樓」です

③応募用紙は各店にあります。スタンプ3個で1回応募できます。

④すでに実施中の「食べていがin買っていがinふじさわスタンプラリー事業」のスタンプと合わせて使えます

⑤藤沢野焼祭会場に出店する売店でもスタンプを押すことができます

⑥抽選会は、8月11日(土)藤沢野焼祭会場で行います

⑦当選者には、後日、藤沢の特産品など賞品を発送します

詳しくは、藤沢野焼祭実行委員会(一関市役所藤沢支所産業経済課☎0191・63・5317または一関商工会議所藤沢支所☎0191・63・2050)へ問い合わせてください。

SHUHOさんと踊りませんか

一関市出身の世界的ダンサーSHUHO(シュウホウ)さんと野焼祭で踊りませんか。募集は6月29日(金)まで。先着30人です。

  • 練習日  第1回:7月10日(火)/第2回:7月18日(水)/第3回:7月19日(木)*時間は、いずれも午後6時30分から
  • 会場  藤沢市民センター(岩手県一関市藤沢町藤沢字仁郷12-5☎0191-63-5515)
  • 募集定員  30人(先着)
  • 締め切り  6月29日(金)
  • 問い合わせ   ダンスパフォーマンスinふじさわ実行委員会(一関市役所藤沢支所地域振興課☎0191・63・2111または藤沢市民センター☎0191・63・5515)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018ポスターができました

縄文の炎・藤沢野焼祭2018のポスターができました。

鮮やかな壺と土偶が印象的なポスターの原画は、新人作家の登竜門といわれる「第14回川上澄生美術館木版画大賞」(2008年)で大賞を受賞した藤沢町出身のちばさなえさんの「切り絵」です。

6月から市内の公共施設や藤沢町内の商店街に掲示するほか、協賛企業などに配布しますので、ぜひ、ご覧ください。

2018年ポスター

 

藤沢野焼祭2018は8月11日、12日

「縄文の炎・藤沢野焼祭2018第1回実行委員会」を5月14日、藤沢市民センターで開き、2018年度の内容を決定しました。実行委員会には千葉均実行委員長をはじめ委員41人が出席。2018年度の組織体制、開催要綱、収支予算を決定したほか、前回の反省点を課題に、その対応についても共通理解を深めました。今夏で43回を数える祭りは、一関市藤沢町が全国に誇る「土と炎の祭典」です。今年も市内外から多くの皆さんが参加できる祭りを目指して、準備を進めます。開催要綱や作品応募要領など詳しくはこちらをご覧ください。

 

[2018年の主な内容]

1 野焼祭会場でスタンプラリー抽選会
 市が一関商工会議所に委託して実施する「食べていがin買っていがinふじさわスタンプラリー事業」の第1回抽選会を藤沢野焼祭会場で行います。スタンプ3個で抽選に参加できます。

2 7、8月にプレイベント
 7、8月を「縄文月間」とし、プレイベントを実施します。各飲食店で、縄文にこだわったメニューを提供するなどスタンプラリー事業と連携し、祭りムードを盛り上げます。

3 SHUHOさん招き、ダンスパフォーマンス
 ステージイベントでは、一関市出身の世界的ダンサーSHUHO(シュウホウ)さんを招いて、ダンスパフォーマンスを行います。原始の炎が燃え上がる幻想的な空間で披露される迫力あるパフォーマンスは必見。練習日は、7月10、11、19日の3回です。詳細が決定次第、本ホームページなどで参加者を募集します。

4 藤沢、一関、仙台で作品制作指導会
 2018年は藤沢、一関、仙台の3会場で開催します。「さらに腕を上げたい」方も、「陶芸は初めて」の方も大丈夫。講師が基本から応用まで指導します。費用は一人500円(粘土代は別)です。詳しくはこちらをご覧ください。
●一関会場(山目市民センター)6月23日(土)、24日(日)10:00-16:00
●藤沢会場(陶芸センター)6月30日(土)、7月1日(日)10:00-16:00
●仙台会場(八木山工房)6月23日(土)、24日(日)、30日(土)、7月1日(日)10:00-16:00
 作品制作指導会チラシ

5 焼成技術の向上目指して研修会
 露天での焼成は、窯詰めの仕方や窯焚きの温度管理などによって焼き上がりに格差が生じやすいため、焼成研修会を開催します。研修会は実行委が主催する実践形式の「焼成研修会」と」縄文村の各村や団体の要請を受けて、講師が現地で指導する「出張指導会」の2種です。
 ●焼成研修会  8月4日(土)予定。成形-乾燥-焼成のスキルを講義と実践で学びます
 ●出張指導会  焼成に必要な知識を講義で学ぶ机上研修と実技中心の実践研修の2種で、要請団体が選択できます。講師の派遣期間は6月2日(土)~7月29日(日)の土曜日または日曜日です
 焼成研修会チラシ

6 撮影対象を拡充、フォトコンテスト
 これまでの応募対象は「祭り当日の写真」でした。今回は「縄文」や「野焼き」を象徴する、またはイメージできるヒト、モノ、コトに対象を広げます。縄文をイメージできる取り組み、風景、人や祭りを創り上げるシーンなど、あなたの感性でシャッターを切ってください。対象作品は、本年5月15日から9月21日までに撮影した写真。応募期間は8月20日~9月21日です。

藤沢、一関、仙台で作品制作指導会

今年の制作指導会は、6月23日(土)の一関会場(山目市民センター)を皮切りに、藤沢会場(陶芸センター)、仙台会場(八木山工房)の3会場で開催します。これまで以上に「腕を上げたい」方はもちろん、「陶芸は初めて」の方も大丈夫。基本から講師が指導します。参加料は500円(粘土代は別途必要)です。所定の申込書に必要事項を記入して、ファクシミリまたはメールで実行委員会事務局まで申し込んでください。

◆一関会場 日時 6月23日(土)、24日(日)10:00-16:00/会場 山目市民センター(一関市青葉二丁目4-5 ☎0191・21・2104)

◆藤沢会場 日時 6月30日(土)、7月1日(日)10:00-16:00/会場 陶芸センター(一関市藤沢町黄海字東深萱192-6 ☎0191・63・2935)

◆仙台会場 日時 6月23日(土)、24日(日)、30日(土)、7月1日(日)10:00-16:00/会場 八木山工房(仙台市青葉区霊屋下19-10-101 ☎022・264・5722)

2018制作指導会チラシ

2018制作指導会申込書

 

 

[申し込み・問い合わせ]藤沢野焼祭実行委員会事務局 ☎0191・63・5317/Fax0191・63・5133/メール fujikeizai@city.ichinoseki.iwate.jp

フォトコンテスト三浦さんが2度目の特選

10回目となる「縄文の炎・藤沢野焼祭2017フォトコンテスト審査会」は10月4日、一関市役所藤沢支所で開かれ、宮城県登米市の三浦弘嗣さんの作品「祈り~夏はどこへ…~」が写真の部「特選」に選ばれました。三浦さんは第8回(2015年)コンテストに次ぐ2度目の特選。また、8月12、13の両日行われた藤沢野焼祭で自身の作品「不死鳥」が最高賞の塩野半十郎大賞に輝いており、ダブル受賞になりました。

今回のコンテストには写真の部に32点、スマートフォンの部に1点、合わせて33点の作品が寄せられました。写真店を経営する皆川栄光さん、印刷業者に勤務する熊谷輝夫さん、一関市の広報担当佐藤和幸さんの3人が審査を行いました。今年の祭りは雨天で、コンディションの悪い中での撮影となりましたが、雨を生かした情感あふれる作品やテーマの「新」にふさわしい力作がそろい、評価は上々でした。

入選作品は次のとおりです(敬称略)

 

◇写真の部◇

【特選】祈り~夏はどこへ…~
三浦 弘嗣(登米市)

 

【準特選】ステージ「炎」
小野寺 恒夫(一関市)

 


【準特選】最高賞受賞
三浦 明彦(登米市)

 

【入選】雨もなんのその
三浦 明彦(登米市)

 

【入選】祭りの約束
千葉 和弘(一関市)

 

【入選】縄文のウインク
木村 東仁(一関市)

 

【入選】鼓動~揺らぎ~
三浦 弘嗣(登米市)

 

【入選】ふじの実学園からの代表
細川 基一(一関市)

 

◇スマートフォンの部◇

【入選】新発売!?縄文の炎入りラムネ
田邉 香(東松島市)

2017塩野半十郎大賞は三浦さん(宮城県登米市)

2017年の塩野半十郎大賞に輝いた三浦弘嗣さんと作品「不死鳥」

縄文の炎・藤沢野焼祭2017作品審査の結果、最高賞の塩野半十郎大賞は、宮城県登米市の三浦弘嗣さんの作品「不死鳥」が選ばれました。主な入賞作品は次のとおりです(敬称略)

●塩野半十郎大賞 「不死鳥」三浦弘嗣(宮城県)
●岡本太郎賞 「箱船」第37区自治会(岩手県)
●池田満寿夫賞 「モデル。私?」藤沢陶芸教室(岩手県)
●辻清明賞 「神 降臨」金野伸一郎(岩手県)
●金子賢治賞 「縄文のマリア像」阿部佳志乃(岩手県)
●縄文野焼賞 「縄文式ドッグⅡ」田邉香(宮城県)
●縄文野焼賞 「トンパH29」八重樫篤(岩手県)
●縄文野焼賞 「火焔型双眼深鉢」大木義則(宮城県)
●縄文野焼賞 「面魚」山口晴伸(岩手県)
●縄文野焼賞 「ぼくらのいちばんぼしごう~にいぬまっこをのせて~」新沼保育園共同作品(岩手県)

入賞結果

「スポンサー賞」と「みんなが選ぶのやき賞」を新設

2017年は、従来の表彰に加え、スポンサーが選ぶ「スポンサー賞」と一般投票による「みんなが選ぶのやき賞」を設けました。

  • スポンサー賞「館ヶ森アーク牧場賞」   1点(賞状と副賞)
  • スポンサー賞「岩手サファリパーク賞」  1点(賞状と副賞)
  • 一般投票による「みんなが選ぶのやき賞」 2点(賞状と副賞)

第1審査を通過した96点が第2審査に進みます。第2審査で第3審査に進む作品25点とスポンサー賞2点が決定します。これら以外の69点が一般投票審査の対象です。

<スポンサー賞>館ヶ森アーク牧場さんと岩手サファリパークさんがそれぞれ1点を選びます
<一般投票審査>第2審査終了後、来場者の皆さんに投票カードを配布します。「これだ」と思う作品の番号をカードに記載して、投票箱に投票してください。投票数の多い上位2点を「みんなが選ぶのやき賞」に決定します。